保健師の転職活動でよくある悩みは?

保健師の転職活動でよくある悩みは? -好条件の保健師求人を見つける方法

医療系の資格を持っている人間向けに、近年では医療系専門の転職支援サイトというものがかなり増えましたよね。看護師はもちろんのこと、保健師専門の転職サイトも増えてきていますよね。保健師や看護師の資格を有していて、なおかつ実務経験があるような人間ならば、転職のタイミングさえ間違えなければ、現在の職場よりも条件がよく自分が希望するような転職先と巡り合う可能性は高いでしょう。

 

保健師が抱える転職の悩みとしては、看護師に比べてみると、そこまで求人が多くはないという点ではないでしょうか。また実際の職場が見えてこないということも挙げられますよね。看護師であれば、ある程度の求人広告を見ただけでも、ある程度に職場の状況なんてものは、想像できるものでしょう。

 

しかしながら、保健師の職場は、行政保健師や産業保健師、そして学校保健師と大きく分けても3つの職場が考えられます。それぞれになるための方法は違ってきますし、年齢制限などもあるので、全部が全部実現することは難しいでしょうが、この3つになれる条件を持っているのであれば、当然のごとく転職の優位さは変わってきます。

 

前述にある求人自体がなかなか見つからないという悩みですが、ほとんどの保健師が、行政機関に勤務していることが多いという現状があるからではないでしょうか。つまりは公務員試験を受験し、それをクリアするという条件を満たすことが必要になってくるわけです。これは期日もありますし、年に1回のところが多く、年齢制限もあるために、なかなか転職支援サイトを使っても、見つかりづらい案件であると言えるでしょう。

 

しかし最近では、より職場環境やメンタル部分の病がクローズアップされている一般企業が多く、そういった場所での産業保健師の需要が増加しています。また養護教諭としての学校保健師も需要が高く、学校環境でおこる様々な問題や衛生管理や健康面のアドバイスを行なう学校保健師の需要も高まっています。世界的に活躍するNGOやNPO団体に派遣されて海外でその手腕を発揮する保健師なども需要が高くなっている傾向にあり、仕事の場所や種類は、ともに増えていっているような傾向がありますよ。

 

こういった情報も医療系に特化している転職支援サイトであれば、現在リアルタイムに変わってきている保健師という仕事の現状を把握することができるでしょう。なかなかにこういった情報は個人レベルでは、把握が難しいですから、こういったサイトを利用しての転職活動は、かなりメリットがあると考えて良いのです。

保健師求人サイト人気ランキング