新卒での就職は看護師か保健師か?

新卒での就職は看護師か保健師か? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師と看護師は比較されることが多い職業だと思います。実際に大学に在籍している最中にも、保健師としてのキャリアをスタートさせるのか、それとも看護師としてのキャリアをスタートさせるのかは、迷う部分ではないでしょうか。似たような看護知識なんてものを、有していなければ資格取得にはつながりませんから、世の中の人間では、一色多にされることも多いのです。

 

保健師は、保健師専門の大学であったり、その条件を満たしたカリキュラムを計画している専修学校などを卒業しない限りは、保健師の資格を取得することはできないのです。一般的には看護師の資格を有している人間が、保健師としての志を持ち、保健師資格を取得して、保健師になるケースが多いんですよね。

 

看護師としてのキャリアを多少なりとも積んだあとに、自分のキャリアというものを考え、保健師を目指すということのほうが一般的にであると言えるでしょう。保健師の仕事は、行政保健師というところを焦点に当ててみると、市区町村や各都道府県において毎年数名しか採用されないという点があります。ですからかなり狭き門であるとも言えるわけですね。一方で看護師といえば、入れ替わりの早いサイクルでの職業ですし、万年人材不足を叫ばれている職業ですから、転職先を見つけやすいと言えるでしょう。

 

看護師のスキルを最低限に身につけていなければ、保健師にはなれません。ですから医療現場になれておくということを前提にしてみると、新卒の状態では、いきなり保健師を目指すというよりも、看護師という職業でキャリアを多少積み、保健師というものの職業をしっかりと自分なりにでも調べてから、保健師としてデビューするかを考えたほうがいいと言えるでしょう。

 

ただ職場の環境やすべき仕事内容でも、大きな違いというものが出てきますから、最初からよくよく考えて、保健師になりたいと思っているのであれば、新卒の状態であっても保健師としての就職を目指すべきでしょう。ただやはり看護師としてのキャリアを積み、現場経験をしている保健師に比べると、やはりディスアドバンテージになるといえるのです。こういった場合には、転職支援サイトを利用し、キャリアコンサルタントにアドバイスなどを受けながら、転職活動をしていくことをおすすめします。

 

中にはキャリアを積んだ保健師よりも、フレッシュな新人保健師を1から育てたいという職場もありますからね。そういった案件は個人レベルではなかなか探すことは困難ですからね。

保健師求人サイト人気ランキング