保健師の就職試験に役立つ資格は?

保健師の就職試験に役立つ資格は? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師という職業に転職をするには、所得しておくべき資格というものが存在しています。それは保健師という資格ですよね。保健師は国家試験を受けて免許を交付されますが、この資格を取得したからといって、即保健師として採用されるわけではありません。一般的にはその後にその転職先の採用試験を受け、それに合格しなければ、転職をすることはまずできないわけです。

 

保健師が働く施設は、都道府県などが運営している保健所や市町村の運営するさまざまな施設で就職しているケースがほとんどですから、公務員試験を受けることがほとんどでしょう。ですから資格というよりも、これらの勉強をして、採用試験に合格しなければなりません。公務員試験をパスしたいのであれば、一般教養も必要になります。一般常識だけではなく、数学や英語や政治経済。さらには価格などに至るまで、広い範囲での出題があるのです。

 

産業保健師の分野でも、大きな企業である場合が多いですから、企業の採用試験などを受け、合格する必要があるでしょう。一般的な社員も受けるような採用試験かもしれませんし、保健師用に合わせた試験かもしれませんが、その企業によって採用試験は違っているのが現実です。

 

試験を受ける人間は、みんな同じ保健師の有資格者という前提ですよね。ですから、保健師にかかわる試験問題に関しては、はっきりいって正解できて当たり前だと思われています。ですから、一般企業のように誰を採用しようかという選考方法ではなく、誰を不採用にするかといった採用基準になるために、かなりレベルの高い選考と言えるでしょう。

 

保健師として転職するのに優位になると言われているのは、養護教諭であったり、衛生管理者という資格ではないでしょうか。他にも健康運動指導士であったり、産業カウンセラーの資格を得ておけば、転職先を探すことが困難だと言われている保健師の世界でも、引っ張りだこの人材となれるでしょう。

 

こういった資格を有していることによって、たとえば医療施設でいえば、新しい分野を開拓していくことができますから、かなり優遇される人材だと言えるのです。ここまでの資格を有していると、年齢制限が設けてあるような医療施設や企業であっても、喉から手が出るほど欲しいと感じてくれることになるでしょうね。こういった情報は、医療分野に特化した転職支援サイトを尋ねてみるのが一番です。業界の事情に詳しく、転職実績がありますから、転職に優位な情報を提供してくれることでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング