産業保健師 求人

産業保健師 -好条件の保健師求人を見つける方法

産業保健師は、企業の中で働いている人の健康管理や健康増進をサポートするのが主な役割になります。

 

以前は産業保健師といえば工業系の仕事場にあった診療所で負傷した社員の手当てなどを行う場合もありました。現在はそのような役割から社員全体の健康を考えることで、作業の効率をアップさせたり、元気に働いてもらうためにさまざまな計画をたてたりするのが多くなってきました。

 

また、社員の心の悩みや人間関係でストレスを抱えている人が、いかに仕事をしやすい環境を作る手助けができるかというのも、最近の産業保健師の役割として大きなものとなっています。
こうした社員の声や職場の状況を把握し、自ら行動できるような人が企業の中で産業保健師が求められている姿なのでしょう。

 

そして最近健康診断などを受けると話題になるメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を予防するというのも保健師の役割の1つになっているようです。行政保健師などとは違い、産業保健師は企業に雇用されている一社員として、どれだけ企業に貢献できるか問われることが多いのが実情です。

 

行政や病院などで勤務したことがある人は、このような企業の考え方に戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが、残業や休日出勤も少ないといわれていますので、人気が高いようです。しかし、産業保健師の仕事についてや求人情報などは滅多に見ることはなく、情報が少ないと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

実際に産業保健師は主に社員数が多い大企業などに採用されるケースが多く、また人数も少ないことから、就業自体が少ないのが現状です。

 

ただ、最近はメンタル面や各種健康診断などを企業側が積極的に取り入れる傾向があり、企業での保健師のニーズは高まってきているといえます。
また、企業での保険料が病院にかかる人が多ければその分負担しなければならないので、保健師を常駐させることで、社員の健康状態を良好にし、病気の早期発見などにも貢献してくれるのであれば、企業の利益にも影響してくるのです。

 

そして最近は精神的な疾患で休職や退職をすることが多い中、ストレスの軽減に保健師がサポートすることで、離職率も下げることができるのです。産業保健師に興味のある方は、専門の転職支援サイトに登録して気長に探していくのが、今のところ一番の近道になっているようです。転職支援サイトは無料で利用できますので、まずは産業保健師の求人をいち早くキャッチすることをおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング