産業保健師になるためには?

産業保健師になるためには? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師は大きく分けて、3つに分けることができます。住民に身近であり、地域住民の健康を守るために、保健、福祉サービスを行なっている行政保健師。これは公務員になります。もうひとつは大学等にかよい学生であったり、そこで働く教職員の健康の維持や増進にあたっている学校保健師。また企業で働く労働者の健康管理や増進にあたっている産業保健師です。

 

この3つの中でも比較的に好条件であり、転職希望者が多いとされている企業保健師になるためには、どうすればいいでしょうか。先ほどの述べたように、企業で働く労働者の健康管理とそれを増進していくことが、主な業務になってくるのが産業保健師です。近年の産業保健師の仕事としては、年々増える生活習慣病患者の予防であったり、仕事のストレスからくるうつ病などメンタルヘルスなどへの関わりが重要であると言えるでしょう。

 

メンタルヘルス対策として、働く先の企業が受講料を支援してくれる場合もあるようです。しかしながら、実際に産業看護師として働くために、カウンセラー資格を取得している保健師も存在しています。また、産業保健師として働く場合、勤務先の職業によって異なってきますが、看護師としての技能や能力を求められる場合があります。つまりは臨床経験が求められる場合があるということです。

 

産業保健師の仕事は、勤務先となる企業の職業によって、求められるスキルが違ってきます。デスクワークが主な業務である場合には、新卒や臨床経験が未経験の保健師を採用する傾向があります。しかし、工場であったり現場作業などを行なっているような肉体労働系の職種であれば、災害や事故によって負った傷の手当などの保健師としてというより、看護師としての技能や能力などが求められるのです。

 

常勤産業医を抱えるのは、本当にひと握りの一流企業だけですから、基本的には看護師としての能力が高い保健師が求められるというのが現実的でしょう。病院にいく必要もない経度な怪我や病気などであれば、産業保健師が手当をして終了ということになります。これによって企業は労災を防ぐことができますから、かなり重宝されることになるのです。

 

以上のことから、転職を決める前に、勤務先となる企業の職業や、今まで働いていた保健師さんがどのような業務を行なってきたか、企業が労働者に対してどのような考えでいるのかということを確認しておきましょう。保健師に求めているものは何かこれはとても大事なことです。面接を行なう前にしっかりどのような業務がメインになるのか確認する必要がありますから、こういった点でも転職支援サイトを利用すれば、簡単に解決できることでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング