特別養護老人ホームの保健師求人

特別養護老人ホーム -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師は人々が社会生活を営む際に健康で、衛生的に暮らすことができるように、保健指導や健康増進活動をしていくのが主な役割になっています。保健師は保健所などに所属したり、学校などに所属したりと、資格を生かした就職先がありますが、その中でも特別養護老人ホームで就業もあります。

 

現在日本では高齢化社会に対応するため、保健師の役割が老人ホームでも需要が高まりつつあります。いわゆる老人ホームには特別養護老人ホームや介護老人ホームなど、高齢者の健康の状態に合わせて細分化されているようです。

 

主な仕事は地域に所属する保健師のように、看護師やケアマネージャーや医師などとチームを組みながら高齢者1人1人に対応し、その人に合った個別な計画を作っていきます。
保健師は、どのようなケアが必要が見極め、目標とするものを決めたり、ケアの方法などをケアマネージャーや家族などと共に決めていくのです。もちろん高齢者本人や家族の話や意思をしっかり聞いた上で、的確に状況を把握し、判断していかなければならないのです。

 

実際にケアは介護福祉士やヘルパーなどで対応することが多いので、的確に指示したり、内容を変更したりという指示もその後出てきます。

 

もちろん所属する事業所の高齢者の人たちが、現在かかっている病気や飲んでいる薬なども含め、入所者の健康状態を把握することはとても大切になります。特別養護老人ホームなどでは集団生活を送りますので、感染予防などの対策はしっかりしなければ、最悪生死にかかわってくることもありますので、しっかり計画や対策をしていかなければなりません。

 

また、特別養護老人ホームでは、保健師の資格を持つ人を採用し、実際には看護師の業務を兼務、時にはメインにする場合もあるそうです。
保健師の資格は、幅広い年齢の人の健康状態からケアの方法なども、看護師とはまた別に学んできていますので、採用しやすい傾向があります。保健師としての仕事だけがしたいという人は、それぞれの事業所がどういう目的で保健師をさいようするのかをしっかり確認することが大切です。

 

看護師の業務と保健師業務を兼務しても問題ないという人は、このような事業所では重要な人材として有利に働き、給与や待遇面を浴してくれる場合がありますから、こちらも事前に確認しておくことが大切でうs。また、働く形態も正社員からアルバイトまでさまざまな求人がありますので、自分のライフスタイルに合わせながら、就職や転職先をみつけていくと良いでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング