保健師 求人

履歴書の書き方はチェックしてもらおう -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師の求人は年度始めが一番多いといわれ、退職や休暇などに伴う募集は突発的になることが多いようです。
保健師として就職や転職を考えている場合は、あらかじめ余裕を持って情報収集し、準備しておくことが大切になります。

 

応募先が決まって、応募書類を作るときは、履歴書を書くことが必須となりますので、しっかりおさえておきましょう。履歴書の書き方は、社会人として基本をしっかり押さえておけば難しいところは少ないのですが、その基本をマスターしていなければ後で恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

最近は履歴書をメールに添付をして送るようにする病院や企業も増えているそうですが、その場合はセキュリティのためにパスワードを設定してメールに添付し、パスワードは別のメールで送ると安心です。だからといってパソコンを使って履歴書を作成する人も多くなってきているようですが、履歴書は手書きが基本となっていますので、注意しておきましょう。

 

また履歴書の写真も相手に良い印象を与えられるように、実物並みか実物より良いものを選んでおくと良いでしょう。そして履歴書や職務経歴書は、面接のときに改めて聞かれることが多いので、質問されることを意識しながら作成するのがおすすめです。

 

今までの経験やスキルをアピールする機会になりますので、簡潔でわかりやすい職務履歴書になるように心がけましょう。

 

履歴書が全て出来上がったら、きちんと提出する前に第三者にチェックしてもらうことが重要です。自分で書いた履歴書を誰のチェックも受けずにそのまま提出するとのは、自分では気づかない間違いが含まれていることがありますので、大変危険です。誤字脱字はもちろんですが、志望動機がしっかり書かれていなかったり、自己PRがまとまっていなかったりなど、就職や転職に不利な間違いをおかしてしまっているかもしれません。

 

チェックしてもらう人は友人などでも構わないのですが、できれば就職や転職を扱っているハローワークや転職支援サービスなどの担当者に見てもらうと、より専門的なアドバイスがもらえます。

 

特に保健師の転職支援サービスの担当者であれば、採用時に良い印象が与えられるような履歴書を把握していますので、不安な方は会員登録してサポートしてもらうと安心でしょう。このようなハローワークや転職支援サービスでは、履歴書の書き方などは無料でサポートしてくれますので、プロの力を借りながらしっかり準備をしておきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング