保健師の就職・復職には年齢制限あるか?

保健師の就職・復職には年齢制限あるか? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師としての転職を希望する場合、職場によっては当然に違ってきますが、年齢制限というものを設けている職場が比較的に多いということが見て取れます。一般的に保健師というものは、看護師資格を取り、その後その看護師のキャリアを活かし、保健師へとキャリアアップすることが多いですから、何気に年齢がある程度の高い状況で転職をするケースが多いんですよね。20代後半から30代前半という場合がほとんどではないでしょうか。

 

一般的に一番早い状況でも、高校を卒業し、4年制の大学を卒業した場合で22歳からのデビューになるわけですが、相当に保健師としての職業に早くから目をつけ、志を持っていないと、難しいといえるパターンですよね。

 

資格を取得しても、すぐに転職活動をし、自分が望む職場に入職できるわけではありません。行政保健師を目指していて、都道府県の保健所での転職を目指したいという保健師の場合には、公務員試験を受けなければ、希望した職場で働くことはできないのです。

 

そして保健師の場合には新卒に限るという条件が課されているところはほとんどありませんが、年齢の上限を設けているところが多いと見受けられます。もちろんその自治体にもよりますが、ほとんどの自治体の場合には、20代後半という年齢制限があるわけですね。

 

つまりは、新卒でデビューした場合でも22歳なわけですから、何気に保健師としての転職活動期間というものは短いということが言えるのですよ。行政保健師になれば、それなりの待遇を獲得することができます。ですから保健師を目指し、行政保健師を目指すのであれば、各自治体の募集要項をしっかりと調べて把握しておくというのが前提としてあるでしょう。その中でも異例なのは東京都で、年齢制限は、40歳未満という募集条件です。

 

また産業保健師は新卒採用はほとんど行っていないという特徴があります。これは保健師が少数で良いということと、やはり一人に任せることが多くなるために、それなりの臨床経験や現場経験がないと、成り立たないということが前提にあるからなんですね。

 

こういった事情をしっかりと把握し、転職活動をしていかなければ、保健師としての転職を実現することはできないでしょう。こういった事情は、やはり医療系専門の転職支援サイトに登録しておき、キャリアコンサルタントに相談するのが一番ですよ。自分が目指している職業が、どんな条件を満たしていなければまずいのかなどを把握していないと、転職を成功させることは難しいですからね。

保健師求人サイト人気ランキング