公務員の保健師の職場分類は?

公務員の保健師の職場分類は? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師について定められている保健師助産師看護師法という法律の中では、保健師というのは、「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいうという風に書かれています。しかしながら、これだけではざっくりすぎてはっきりいって何を言っているかわからないものではないでしょうか。

 

保健師とは、年齢や性別、また健康体である人間から、病気を持っている人間。また障害者に至るまでのさまざまな人間が、健康的な生活を送っていくために、保健指導などをして、その生活のサポートをする職業といってもいいでしょう。保健師として働くには、その高い志はもちろんのこと、幅広い知識やその視野。そして温かい人間性というものと、しっかりとした体力や精神力が必要になってくる職業と言えるでしょう。

 

保健師として働く職場については、市区町村などで公務員として働く行政保健師が圧倒的に多く、保健師といえば行政保健師という認識が高い人間も多いのではないでしょうか。行政で働く保健師は、都道府県や政令指定都市、また中核市や特別区などが管轄している保健所で勤務する保健師と、市町村で働く保健師の2つに分けることができます。

 

その割合としては、市町村で働く保健師が圧倒的に多く、その割合が1対3と言われています。以前では都道府県などが運営している保健所で働く保健師さんの割合が多かったのですが、ここ数年で一気にその割合が逆転したという歴史があるんですね。この背景には、住民に近いサービスは、都道府県などの大きな単位でのサービスではなく、市町村などの身近な単位で行うという国の方針が決まったからという背景があるのです。

 

保健所と市町村保健センターの役割について定められている法律が改正されたため、さまざまな事業が都道府県の単位から市町村へと移管されたということがあるために、市町村での保健師の需要が高まり、現在では市町村で働く保健師が増えたということにつながっているのです。

 

市町村保健師は、乳幼児や妊婦、成人、高齢者、障害者など幅広い年齢層を対象としていて、市町村保健センターや児童家庭課、高齢者福祉課、国保年金課などで働き、地域住民に身近な保健・福祉・サービスを担っていきます。こういった行政保健師でも2種類に分けることができますから、こういった違いを把握するためにも、転職支援サイトに登録をして、相談をしてみるようにしましょうね。

保健師求人サイト人気ランキング