訪問看護の保健師と看護師の違いは?

訪問看護の保健師と看護師の違いは? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師の転職先として、もう本看護ステーションなどが挙げられますよね。訪問看護を専門とする施設は何気に、近年になってから、需要が高く、さまざまな求人誌や求人サービスを提供しているサイトでも、多くみられる案件になってきました。訪問施設で働く保健師と、看護師の違いというものはどういったところにあるのか?これが気になっている保健師の方も大勢にいらっしゃると思います。

 

実際に訪問看護ステーションなどで働く保健師さんに聞いてみると、訪問をして看護をするということを提供することを主な業務にしているために、資格として保健師の免許を持っていても、特に保健師としての役割が、看護師として分かれているというわけではありません。基本的な業務内容は基本的には一緒とのこと。

 

役割の違いというものが明確されていることは、なかなかに少ないと言えるでしょうね。保健師資格を有していても、そういった保健師業務を利用するような事業を持っているステーションでなければ、看護師と同じ仕事をすることになるでしょう。実際のところは、保健師の資格を有しているかどうかということよりも、現場経験が多く、しっかりと実力を兼ね備えているかが、査定基準であったり、採用基準でもあるのです。

 

ただし保健師の所得資格を活用するということをすれば、その受け持っているエリア全体をみた地域活動や患者教育などの面で活躍することも可能なのです。もちろんこれだけでは収入には結びつきませんから、訪問看護の活動とリンクさせていくというスタイルの訪問看護ステーションもあるようですよ。

 

こういった訪問看護ステーションなどでは、近年地域の保健師と連携をするということも多いので、保健師免許を持っている人間が、訪問看護師として募集しているところに保健師が応募すれば、事業の拡大にもつながり、かなり重宝されることにもなるでしょうね。

 

しかしながら、こういった事業計画などは、はっきりいって個人の情報収集では、はっきりいって集めることはできないでしょう。こういった事業拡大の情報などは、やはり医療系専門の転職支援サイトなどが握っていることが多いですから、やはり転職支援サイトに登録して情報を収集することだけでも、かなり転職には有利に働くことでしょうね。こういったことを覚えておき、さまざまな情報を手に入れておきましょう。もちろん転職のことをすべてお任せするということも当然に役立つと言えるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング