行政保健師 求人

行政保健師 -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師はその地域に暮らしている人、所属している人に対して、病気を予防し健康を守っていくという大切な仕事です。その中でも主に市町村で働く保健師や、地域の保健所で働く保健師のことを行政保健師といいます。

 

保健師の中でも行政保健師は身近に健康のことなどを相談することができる存在になっているといえるでしょう。市町村に勤務する市町村保健師は、市町村の保健センターや福祉サービスを行う児童家庭課や高齢福祉課などに公務員として勤務します。

 

市町村保健師が対象とするのはその地域に住んでいる乳幼児から、妊産婦、高齢者などの幅広い年齢層の全住民になります。
乳児や妊産婦の家庭訪問や、さまざまな検診、健康診断、障害者の支援や高齢者の介護サポートも行うなど、業務内容は多岐にわたります。

 

その他にも保健指導を通して都道府県へさまざまなことを報告する役割などもありますので、幅広い知識と経験が必要になります。一方、保健所の保健師は、広く病気を防ぐための保健公衆衛生業務が主な仕事となっています。

 

障害者や難病に指定された患者、結核やエイズ患者などへの保健サービスの提供や、疫病感染に関する危機管理なども行っています。例えば毎年冬になるとインフルエンザが流行していますが、その地域の情報を早めにつかんで感染拡大を予防したり、感染を断つような予防策をとるのが保健所保健師の役割になります。

 

一口に行政保健師といっても違いがありますので、基本的な仕事をそれぞれ理解しておくと同時に、就職や転職するときには行政保健師の中でもどのような業務を行いたいか考えておくと良いかもしれません。このような行政保健師は他の職員と一括で採用する場合が多いので、どの地域のどの保健師の採用があるのかわからないことも多くあるようです。

 

また、在籍している人の結婚や出産による退職などで、保健師を急遽採用するパターンもありますので、求人情報を常にチェックしていかなければなりません。そういう時には、保健師を専門に扱う転職サービスに登録しておくと、入手が難しい保健師の採用試験の情報をいち早く得ることができます。

 

登録しておけば、行政保健師以外の保健師の募集も見ることができますし、各採用試験の対策などのアドバイスもしてもええるのもお得になっています。行政保健師として就職や転職を考えている人は、こういった転職サービスなども利用しながら、計画的に準備しておくことをおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング