行政の保健師になるには?

行政の保健師になるには? -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師と言っても、その種類はさまざまにあります。おおまかに分けてみると、行政保健師、産業保健師、学校保健師の3つに分けることができますよね。そのひとつの行政保健師になるためには、どういった方法があるのでしょうか。まず行政保健師でも、大きくわけで2つに分けることができます。都道府県や政令指定都市の特別区などが運営を任されている保健所保健師。もうひとつは市町村保健師です。

 

市町村保健師は、乳幼児や妊婦、成人、高齢者、障害者などそこの地域に住んでいる幅広い年齢層の住民を対象として、市町村保健センターや市町村に設置されている児童家庭課、高齢者福祉課、国保年金課などに勤務をして、住民に身近な存在として、保健や福祉、そしてサービスを提供しています。近年では、社会問題となっている児童虐待や男女共同参画などの業務も行っています。また職員へのメンタルヘルス教育などの幅広い活動が行われています。

 

保健所保健師は、精神的な障害者や療育障害者などを抱えた方や、難病患者。そして結核やエイズ患者等への保健サービスの提供を行っています。、また近年流行したSARSや年々深刻化している新型インフルエンザに対する危機管理などの専門的・広域的な対応が必要な保健業務を主に行なっていくという仕事になります。

 

行政保健師になるには、各市町村や、当道府県、または区の公務員試験を受けて合格しなければならないのですよ。まずは締切までに申し込みをし、1次試験を受けます。内容は教養試験で、小論文や専門試験であり、過去問を調べてみると良いでしょう。次に2次試験として、面接と身体検査というのが一般的にです。それに合格すれば内定をもらい、内定後に手続きをすれば、晴れて行政保健師としてのデビューができるわけですね。

 

職員採用募集の広報については、広報誌及び公式サイトで周知するのが多く、この他、保健師養成校、たとえば看護系大学や保健師学校などへのポスター掲載によっての募集。また、新聞紙面への広告掲載などによって応募をしていることが多いですね。また臨床での職員募集に多い、専門誌への広告掲載や転職サポート企業を利用するというケースがあまり見られないのが、行政保健師の募集の特徴でもありますよ。

 

ただ近年では、転職支援サイトに地方包括支援センターなどの募集は多く掲載されていることも多いので、転職支援サイトでの転職活動も、効果的な転職活動になるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング