学校保健師 求人

学校保健師 -好条件の保健師求人を見つける方法

保健師の資格を取ると、就職先や転職先がいくつかあるのですが、その中の1つが学校保健師です。市町村などで働く行政保健師に比べると学校保健師はあまり馴染みがないかもしれませんが、学校保健師は主に学校の保健室にいる先生のことを指します。

 

ただ、学校保健師として働くには、他の保健師とは違って、保健師の免許以外に養護教諭の教員免許に必要な単位を取得する必要があります。
学校保健師の仕事は、学校の保健室でその学校に通う生徒と教職員の健康を保持することや、怪我が病気の応急処置をすることになります。

 

また、検診がある時には、その地域の医師の手配などを行ったり、学校内の健康診断や身体測定なども担当しています。そして生徒全員の発育状況を把握し、インフルエンザなどの流行時には学級閉鎖や学校閉鎖を判断するのに、健康面から管理職に助言するなどという役目もあります。

 

基本的に保健師という仕事は、幅広い年齢と多岐にわたる仕事が特徴ですが、学校保健師は学校に限定されているのも大きな特徴です。
そして、身体の成長が著しい生徒たちの心の悩みなども聞いてあげる立場に回ったり、教職員の悩みを聞くことも時には要求されるかもしれません。

 

このように学校保健師は、学校という限られた範囲での仕事になりますが、仕事の内容は多く、色々な面をサポートできるように日々努力しなくてはいけません。学校保健師が授業を行うことは在りませんが、健康教育や性教育などの授業を行う必要がある場合は、学校保健師の立場から指導することはあるようです。

 

また、修学旅行や宿泊研修などがあった場合は、引率して万が一の怪我や病気の生徒をサポートする時もあります。
実際に教育系の大学を卒業した養護教諭が学校現場で働く場合が多いのですが、学校保健師は実際に怪我などをした時には適切な処置をする看護面の仕事も多いですので、即戦力として学校の力になることができるでしょう。

 

学校保健師になるためには、各都道府県の教員採用試験を受験しなければなりません。都道府県により採用試験の科目や日程は違ってきますので、学校保健師を目指している人は、採用試験の日程などにも気を配っておかなければなりません。

 

また、保健師専門の転職支援サイトなどに登録しておけば、このような採用情報はもちろんのこと、私学のような学校では学校単位で募集することも多いので、そういった情報も得ることが可能です。どの採用試験を受けるかはこのようなサイトを利用しながら決めるのが良いでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング