40代の保健師求人市場は?

40代の保健師求人市場は?

最初に言っておきますが、保健師、助産師、看護師は求人が豊富に出回っているので、仕事にあぶれる心配は0です。例えば40代、未経験という、一般的に不利に思える保健師でも、えり好みしなければ採用はしてもらえるのです。

40代、未経験だとさすがに選択肢は減るが、求人はある

もちろん40代、未経験で保健師になると、さすがに20代よりも選択肢は減ります。その理由は2つあり、

1、 行政保健師の求人は年齢制限がある
2、 民間の保健師仕事は、即戦力を求める傾向がある

からです。しかし、40代だからと言って、仕事が全くないという状況は考えられません。保健師の国家資格を持っている以上、看護師の国家資格を持っているはずです。Wで国家資格を持っている人材が仕事にあぶれる状況は異常です。贅沢を言わなければいくらでも仕事はあります。ただ、保健師の花形である行政保健師や産業保健師は厳しくなると肝に銘じておきましょう。その理由を、少し詳しく述べます。

1、行政保健師の求人は年齢制限がある

地方自治体から募集が出ている行政保健師は、基本的に応募条件が20代になります。若いうちに雇って、後は組織の一員として長く働いてもらおうと自治体の側が考えているからです。ただし、自治体によっては、年齢制限を撤廃している場所もあります。また、正規でなく、嘱託、非正規の職員であれば、年齢制限を設けていない自治体も多いです。どうしても40代、未経験で行政保健師になりたいと思えば、全国の自治体の中から年齢制限を設けていない場所を探して、受験して下さい。ただし、採用されたら引っ越す必要も出てきます。結婚をしているなら、家族の同意が必要になってきます。

2、民間の保健師仕事は、即戦力を求める傾向がある

一方、民間仕事で花形と言われる産業保健師も、40代で未経験というと簡単ではなくなってきます。定年以外の年齢制限はありませんが、一般企業なので即戦力を求める傾向が高くなります。特に、40代など年齢が比較的高くなってくると、どうしても即戦力を求められます。その点で、何か突出する強みが他にないと、採用は厳しくなります。ただし、民間の仕事といっても産業保健師だけが仕事ではありません。自治体から業務委託を受けている地域包括支援センター、病院の健診業務、介護福祉施設の保健師業務など、選択肢は豊富にあります。えり好みしなければ必ず仕事はあるので、積極的に応募して下さい。

就職先は、転職支援サイトなどを活用しよう

さて、40代で未経験の保健師であるあなたは、仕事探しに転職支援サイトなどを利用すると良いです。転職支援サイトは、あなたの事情を踏まえた上で、的確な求人を紹介してくれます。面接の練習、履歴書の書き方なども指導してくれるので、大いに活用して下さい。もちろん、ハローワークでも構いません。1人きりの就職活動だけは、やめて下さい。

保健師求人サイト人気ランキング