30代の保健師求人市場は?

30代の保健師求人市場は?

保健師に限らず、一般的に30代は転職が厳しくなります。もちろん、同業から同業という感じで、キャリアアップの転職は充分に狙えますが、異業種から異業種へという感じで、職業そのものを変える場合は、いい条件での転職が困難になってきます。そのルールは、保健師にもあてはまるのでしょう?

保健師の転職は、30代でも民間を中心に豊富に出回っている

結論から言いますが、保健師の求人は、30代でも充分に出回っています。その代わり、行政の仕事は減って、民間の仕事が中心になります。その理由としては、

1、 行政保健師は、未経験の採用を20代に限定しているケースが多い
2、 民間の保健師仕事は、年齢制限など全く関係ない

という背景が考えられます。少し詳しく見ていきましょう。

1、行政保健師は、未経験の採用を20代に限定しているケースが多い

ご存知かもしれませんが、行政保健師は、20代でないと応募できないケースが多いです。もちろん、年齢無制限の自治体もあり、30代で応募できる行政保健師枠もありますが、そういった自治体が必ずしも近所にあるとは限りません。嘱託やアルバイトなど、非正規の職員なら年齢も問われませんし、行政の経験者なら年齢制限が外れますが、残念ながら未経験で30代となると、応募できる行政保健師の仕事は減ってしまいます。

2、民間の保健師仕事は、年齢制限など全く関係ない

とは言え、悲観的なニュースばかりではありません。保健師の場合、民間からも豊富に求人が出ており、そうした求人は年齢制限を設けていない場合がほとんどなので、積極的に応募できます。中でも行政的な仕事をどうしてもしてみたいという30代の保健師は、地域包括支援センターに応募してみると良いです。地域包括支援センターとは、介護福祉系のスペシャリストと保健師がタッグを組んで、地域の高齢者の健康を守って行く施設です。例えば横浜市のような大きな都市になると、100を超える地域包括支援センターが自治体の中に存在しています。そうした地域包括支援センターが、各施設別々に保健師を募集しているので、仕事先は豊富に用意されていると考えて構いません。

30代の保健師はまだまだ、売り手市場

行政にこだわらなければ、30代の保健師はまだまだ売り手市場にあります。保健師の有効求人倍率は常に2.0を越えているような状態なので、現実には1人に2つの仕事が用意されているのです。よほど贅沢を言わなければ、30代の保健師が仕事にあぶれる可能性は、極めて低いです。とにかく情報収集力が大切なので、ハローワークや転職支援サイトなどを積極的に利用して、情報収集を心がけて下さい。

保健師求人サイト人気ランキング